施設利用の申込みについて

申込み受付期間

市民 一般
大ホール
小ホール
利用日の属する月の12ヶ月前の月の初日から使用日の10日前まで 利用日の属する月の12ヶ月前の月の15日から使用日の10日前まで
リハーサル室
練習室
会議室
利用日の属する月の6ヶ月前の月の初日から使用日の3日前まで 利用日の属する月の6ヶ月前の月の15日から使用日の3日前まで
大ホールまたは小ホールと同時に利用するときは、大ホールまたは小ホールの受付期間と同様とする 大ホールまたは小ホールと同時に利用するときは、大ホールまたは小ホールの受付期間と同様とする
附属設備等 施設の利用の申請日から利用日まで 施設の利用の申請日から利用日まで

申込み方法

申請者は直接来館、またはFAXにて申請書類を提出していただきます。大・小ホールを利用する方は「施設利用申込書」を提出してください。

原則として先着順に受付を行います。

ただし、「大・小ホールを利用する方は、利用日の属する12か月前の月の初日に」、「リハーサル室、練習室、会議室を利用する方は、利用日の属する6か月前の月の初日に」、それぞれ市民対象の調整会議を行います。(休館日の場合は翌開館日)

施設申請受付方法(抽選方法)について(大・小ホールのみ)

  1. 原則として午後1時30分に東大和市民会館事務室までお越しください。
  2. 利用希望日が重複した場合は協議または抽選にて受付順位を決定します。

施設申請受付方法(注意事項)について

  1. 抽選に参加できる人数は、1団体および1催事につき1人とします(厳守)
  2. 大ホールと小ホールは、土曜日または日曜日の利用申請は月1回までとします。ただし、土曜日・日曜日と連続して使用する場合は1回とみなします。
  3. 抽選に間に合わなかった方は、抽選受付終了後、先着順に受付します。

※申し込み受付開始日に来られても、ハミングホール、東大和市関連のイベントまたは事業の関係で1年以上前から予約が確保されている日もございます。ご了承ください。

各種申請書PDF

受付時間

午前9時から午後8時30分まで

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

年末年始(12/28~1/4)、臨時休館日(保守点検他)は除きます。

利用時間

午前9時から午後10時まで

利用区分

午前……午前9時から午前12時まで
午後……午後1時から午後5時まで
夜間……午後6時から午後10時まで
全日……午前9時から午後10時まで

※準備や片付けもこの時間帯に含まれます。時間内に納まるように計画してください。

施設利用料金表

施設の利用料

使用区分
(使用時間)
施設
午前
(9時~12時)
午後
(1時~5時)
夜間
(6時~10時)
全日
(午前9時~
午後10時)
市民 一般 市民 一般 市民 一般 市民 一般
大ホール
(714席)
平日 22,000 24,200 35,000 38,500 42,000 46,200 88,000 96,800
土・日
・休日
27,000 29,700 44,000 48,400 53,000 58,300 110,000 121,000
小ホール
(300席)
平日 8,000 8,800 14,000 15,400 17,000 18,700 34,000 37,400
土・日
・休日
10,000 11,000 17,000 18,700 21,000 23,100 42,000 46,200
リハーサル室
(83平方m)
2,000 2,200 3,000 3,300 4,000 4,400 8,000 8,800
練習室
(30平方m)
800 880 1,200 1,320 1,500 1,650 3,000 3,300
会議室1
(20名程度)
1,000 1,100 1,500 1,650 2,000 2,200 4,000 4,400
会議室2
(20名程度)
1,000 1,100 1,500 1,650 2,000 2,200 4,000 4,400
会議室3
(和室7.5畳)
300 330 400 440 600 660 1,000 1,100
(単位: 円)

備考

  1. 「市民」とは、市の区域内に住所(法人その他の団体にあっては、その事務所の所在地)を有し、勤務し、又は通学する者をいう。
  2. 「一般」とは、市民以外の者をいう。
  3. 利用時間には、準備及び原状回復の時間を含むものとする。
  4. 午前と午後の利用区分又は午後と夜間の利用区分を引き続き利用する場合の中間時間については、利用料金を徴収しない。
  5. 2日以上連続して利用する場合の開館時間以外の時間については、利用料金を徴収しない。
  6. 利用者が入場料その他これに類する料金として1人当り最高3,000円を超えて領収する場合の利用料金は、その利用区分に係る利用料金の額に当該利用料金の額の100分の50に相当する額を加算した額とする。
  7. 利用時間の延長(利用区分の開始時刻の繰上げ又は終了時刻の繰下げをいう。)は、管理上支障ない場合に限り、1時間以内において承認する。この場合において、当該延長に係る利用料金は、次の各号に定める場合の区分に応じ、当該各号に定める利用区分に係る利用料金の額の100分の30に相当する額とする。
    1. (1)午前9時の開始時刻を繰上げる場合又は午前12時の終了時刻を繰下げる場合
      → 午前の利用区分
    2. (2)午後1時の開始時刻を繰上げる場合又は午後5時の終了時刻を繰下げる場合
      → 午後の利用区分
    3. (3)午後6時の開始時刻を繰上げる場合又は午後10時の終了時刻を繰下げる場合
      → 夜間の利用区分
  8. 本番当日以外の日に、練習等のため大ホール又は小ホールの舞台のみを利用する場合の利用料金は、その利用区分に係る利用料金の額の100分の50に相当する額とする。

附属設備等の利用料

種別 設備・器具名 単位 使用料 摘要
楽器 フルコンサートピアノ
(スタインウェイ)
1台 10,000 調律料は、使用者の負担とする。
フルコンサートピアノ
(ヤマハ)
1台 5,000 調律料は、使用者の負担とする。
セミコンサートピアノ
(ベヒシュタイン)
1台 5,000 調律料は、使用者の負担とする。
グランドピアノ
(リハーサル室)
1台 2,000 調律料は、使用者の負担とする。
アップライトピアノ
(練習室)
1台 1,000 調律料は、使用者の負担とする。
ティンパニ 1式 2,000
大太鼓(和太鼓) 1台 1,000 2尺
ドラムセット 1式 500
舞台設備・器具 指揮者台 1台 100
指揮者用譜面台 1台 100
演奏者用譜面台 1台 100
演奏者用椅子 1脚 50
コントラバス用椅子 1脚 50
チェロ用椅子 1脚 50
譜面灯 1個 50
音響反射板 1式 1,000 (大ホール)
所作台セット 1式 10,000 所作台31枚、平台6枚及び松羽目1式
所作台 1枚 300
平台 1枚 200
箱足 1個 50 平台を使用するときは、無料とする。
木台 1個 50 平台を使用するときは、無料とする。
開き足 1台 50 平台を使用するときは、無料とする。
ひな段階段 1台 50 平台を使用するときは、無料とする。
人形立 1台 100
支木 1個 50 人形立を使用するときは、無料とする。
雪かご 1式 50
バレエ用シート 1本 250 (大ホール)
バレエ用シート 1本 150 (小ホール)
金びょうぶ 1双 1,000
松羽目 1式 1,000
毛せん 1枚 200
長布団 1枚 100
座布団 1枚 100
上敷(大) 1枚 200
上敷(中) 1枚 100
上敷(小) 1枚 50
あさぎ幕 1枚 500
しゃ幕 1枚 1,000
ドライアイスマシン 1台 1,000
演台 1台 200
脇台 1台 100
司会者台 1台 100
表彰盆 1台 50
ホワイトボード 1台 100
国旗 1枚 100
市旗 1枚 100
楽屋 1室 300
照明設備・器具 ボーダーライト 1列 1,000 (大ホール)
アッパーホリゾントライト 1列 2,000 (大ホール)
アッパーホリゾントライト 1列 1,000 (小ホール)
ロアーホリゾントライト 1列 2,000 (大ホール)
ロアーホリゾントライト 1列 1,000 (小ホール)
サスペンションライト 1列 1,000 (大ホール)
サスペンションライト 1列 500 (小ホール)
プロセニアムサスペンションライト 1列 1,000 (大ホール)
フロントサイドライト 1対 1,000 (大ホール)
シーリングスポットライト 1列 1,000 (大ホール)
スポットライト 1台 200 (1キロワット未満)
スポットライト 1台 300 (1キロワット以上1.5キロワット未満)
スポットライト 1台 350 (1.5キロワット以上2キロワット未満)
スポットライト 1台 400 (2キロワット以上)
ストリップライト 1台 300
パーライト 1台 300
ピンスポットライト 1台 2,000 (大ホール)
ピンスポットライト 1台 500 (小ホール)
エリプソイダルスポットライト 1台 200
エリプソイダルスポットライト用エフェクトマシン 1式 300
ミラースキャンライト 1台 500 (小ホール)
波マシン 1台 500
ファイヤーマシン 1台 500
スモークマシン 1台 500
ミラーボール 1台 500
効果用照明機器 1式 500
照明セット(大ホール) Aセット 1式 8,000
Bセット 1式 22,000
Cセット 1式 31,000
音響設備・器具 カセットテープレコーダー 1台 1,000
CDプレーヤー 1台 1,000
MDプレーヤー 1台 1,000
ダイナミックマイクロホン 1本 100
コンデンサーマイクロホン 1本 100
ワイヤレスマイクロホン装置 1式 1,000 ワイヤレスマイクロホン1本付
ワイヤレスマイクロホン 1本 100
三点つりマイクロホン装置 1式 2,000 (大ホール)
ステージスピーカー 1台 1,000
はね返りスピーカー 1台 500
音響効果機器 1台 1,000
その他の設備・器具 35/16ミリ兼用映写機 1式 10,000 技術者は、使用者の負担とする。(大ホール)
スライド映写機 1式 1,000
オーバーヘッドプロジェクター 1式 1,000 OHP
ビデオプロジェクター 1式 2,000
簡易拡声装置 1式 500 マイクロホン及びポータブルスピーカー
ラジオカセットテープレコーダー 1台 100
ビデオセット 1式 100 ビデオデッキ及びテレビ(29型)
展示パネル 1枚 200
展示パネル用照明 1灯 50
1台 100
1台 100
電気器具使用電源 1kw 100 持込器具の合計キロワット数とする。ただし、合計キロワット数が1キロワット未満であるときは1キロワットとし、合計キロワット数に1キロワット未満の端数があるときはその端数を切り捨てる。

照明セットの内容

区分 器具名
Aセット ボーダーライト2列、サスペンションライト2列、フロントサイドライト1対、シーリングスポットライト1列、照明器具10台
Bセット ボーダーライト2列、アッパーホリゾントライト1列、ロアーホリゾントライト1列、サスペンションライト4列、フロントサイドライト1対、シーリングスポットライト1列、照明器具50台
Cセット ボーダーライト2列、アッパーホリゾントライト1列、ロアーホリゾントライト1列、サスペンションライト4列、フロントサイドライト1対、シーリングスポットライト2列、照明器具80台

連続利用期間

同一施設を6日間まで利用可能

利用料金の納入

利用日決定後2週間以内に来館し納付してください。
納付と同時に承認書を発行致します。附属設備等の利用料金、利用時間延長の利用料金は当日までに精算してください。

利用料金の還付

既に納入いただいた施設利用料金は、原則として還付しません。ただし、指定管理者が相当の理由があると認めるときの還付率については、下記の表のとおりです。

利用変更等申請書の提出日
利用日の
6ヶ月前まで
利用日の
3ヶ月前まで
利用日の
1ヶ月前まで
利用日の
1週間前まで
大ホール
小ホール
100% 50% 20%
リハーサル室
練習室
会議室
100% 100% 50%

※なお、利用者の責めによらない理由により、利用することができない場合は、100%還付します。

利用に関して

事前の打合せ

催事を円滑に進行させるため、利用日の1か月前までに「舞台」、「照明」、「音響」、「機材の搬入、搬出」等の必要事項や進行について打合せを済ませてください。

利用に必要な人員の確保

会場には必ず責任者を置いて下さい。また入場者の整理や案内、アナウンス、もぎり、誘導等に必要な人員は利用者側で確保してください。

利用当日

「施設利用承認書」を事務室窓口へご提示ください。

原状の回復

利用後は、施設、附属設備等はもとの状態にもどしてください。
また、利用に際し発生したゴミは必ずお持ち帰りください。

関係官公署等への届出

危険物・火気等の許可申請
北多摩西部消防署
東大和市上北台1-956-1
電話042-565-0119
警備
東大和警察署
東大和市芋窪6-1061-1
電話042-566-0110
著作権
(社)日本音楽著作権協会
東京イベント・コンサート支部
新宿西新宿1-17-1日本生命新宿西口ビル
電話03-5321-9881

利用上のお願い

利用権の譲渡禁止

利用の承認を受けた施設や附属設備等は、利用する権利を譲渡し、又は転貸することはできません。

利用を承認できない場合

次のような場合は利用を許可できません。

  • 公益を害し、又は風俗を乱すおそれがあるとき
  • 集団的に又は学習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認められるとき
  • 施設又は附属設備等を損傷するおそれがあるとき
  • その他管理上支障があるとき

利用承認の取消し等

次のような場合、利用を取消し、制限、停止することがあります。

  • 利用の目的又は利用の条件に違反したとき
  • 東大和市民会館条例又はこれに基づく規則に違反したとき
  • 災害その他の事故により利用ができなくなったとき
  • その他指定管理者が必要と認めたとき

損害賠償

施設、附属設備等をき損または減失した場合は、利用者において賠償していただきます。

※その他、詳細につきましては、ハミングホールまでお問合わせください。

施設予約システムについて

1.利用できる対象
インターネットによる予約システムは、空き室の仮予約までで、本予約の手続きは、東大和市民会館条例施行規則に則り、窓口またはFAXでの申請書類等の提出が必要です。
  1. 施設予約システムを利用できる方

施設予約システム利用規約に同意し、当施設の窓口で利用者登録を行い、利用者IDを取得した団体または個人。

 2.施設予約システム受付期間
  • 市民の方・・・・・申請できる当該月の3日(ただし、1月は7日)から申請締切日まで
  • 市民以外の方・・・申請できる当該月の17日から申請締切日まで
なお、システムが利用できる時間は、当面の間、午前9時から午後10時となります。
 
3.施設予約システムの有効期間
システムでの仮予約の有効期間は原則7日間となります。システム予約後、7日以内に申請書類を提出して下さい。期間内に申請書類の提出がない場合、特別な理由がある場合を除いて、その効力を失います。
 
4.システム予約の制限
このシステムで予約できるのは、「施設」のみで、「設備・備品」は対象となりません。
[補足]
従来通り、市民の方は、申請できる当該月の初日に調整会議が行われます。また、調整会議後は順次、窓口またはFAXで申請書類等を受け付けます。また、市民以外の方も従来通り、当該月の15日から窓口またはFAXで受け付けています。
施設予約システムへ

ページトップに戻る